ワンダフォー‼ ど貧乳生活

ど貧乳女子に送る、50代ばばのメッセージ

生活

今日の服

春が来ましたね。 汗ばむ陽気の日もあるくらい こんなガーリーな装い、 もう60に近づいているおばばが着ても イタイ (>_<) だけです! ジャケでごまかすど貧乳 ジャケはど貧乳のつよーーーーーい味方! 今朝は寝不足で動悸する! アブネー!!! 仔羊おばさん

「無風」という言葉

ワタクシはど貧乳に生まれついてしまい、それをこのブログで自虐ネタとして書いています。 ど痩せの糖尿病患者でもあります。 さて、コロナウィルス性肺炎に感染すると重篤化する病気の筆頭に糖尿病は挙げられていますね。 コロナ感染の初期症状の一つに だ…

ど貧乳がドラ息子のことで落ち込んで、結局あるべき姿に気づいた件

このブログはど貧乳であるワタクシこと「仔羊おばさん」が、ど貧乳の生活の悲喜こもごもを綴っているのですが、 ど貧乳もまた一人の人間 なワケで、生きてるだけで「棒に当たりまくり」です。 (「犬も歩けば棒に当たる」=「ど貧乳も生きていれば棒に当たる…

楽しく過ごそう

このブログは、なぜだかど貧乳に生まれついてしまい、 ど貧乳としてかなり生きてきてしまった、 ワタクシこと「仔羊おばさん」がつづる自虐ブログです。 さて、コロナ禍に翻弄され、とても笑顔になれないような毎日をワタクシもまた過ごしているわけです。 …

コロナとど貧乳

コロナウィルスと、ど貧乳のカンケーは、誰も研究しておらずよくわかりません。 でも、もしかして体の表面積が小さく、ウィルスに触れる部分少なくて、感染リスクは低いかもしれませんね。 神経質に顔を触らなければ。 うーん。痩せ体質は神経質な気もするか…

今日の服

久々、今日の服を撮影しました。 今日は、突然に気温が10度くらい下がりそう… せっかく衣類の入れ替えをしたのに。 (ノД`)・゜・。 ど貧乳は、今日もど貧乳です。 雨なので、ずいぶん以前に購入した、靴の上から履いて雨をよける雨の日シューズを今日は試し…

外に出なければ他者との比較も生じないが

さて、このブログは「なんでかわからないがど貧乳に生まれついてしまった50代のばば」が、世の中に「そんな体型に悩むこともないで!」と言いたくて書いている、自虐ブログです。 糖尿病患者なので糖尿病の話題もあります。 ど貧乳ですが、下腹は出ています…

ど貧乳として

ど貧乳の集まる大会かなんかがあったとして、ワタクシと同じど貧乳の大群に会ってみたい。 きっとこの世の中にはいるはずだと思う。 スーパーモデルとかは眼中に入っていない。そういう人は ど貧乳、というよりは 背高のっぽ のグループに入ってもらう。 ワ…

今日の仮説

美男は、美女が好きなのではないか? あるいは、美女は美男が好きなのではないか? なぜなら、木村拓哉は工藤静香と結婚し 反町隆史は松嶋菜々子と結婚したからである。 ゴーイン(強引)! ( ̄д ̄) 何をもって美男美女とするかは論議の分かれるところなのであ…

手が荒れる

ワタクシ、日頃から手荒れは若干… ところが、このコロナ禍で、しょっちゅう手を洗うもんですから、手荒れがはっきりしてきてまして。 ハンドクリーム塗りますが、水仕事をしたらまた潤いなくなり。 顔に化粧しないので、母に昨年もらった乳液を手の甲にすり…

頭痛そしてど貧乳の今日

この連休、冬物と夏物の入れ替えを中心に、少しは家事をこなした。 人気(ひとけ)のないところを心がけ、散歩にも出かけたりした。 それでも気持ちは落ち込み、なんとなく今日は頭痛もする。 早くJリーグ再開しないかな…。 なでしこ(女子サッカー)の試合なん…

糖尿病のど貧乳とコロナ

コロナウィルスによる新型肺炎ですが、 糖尿病患者は重篤化しやすいと言われています。 しかも、血糖コントロールが悪い患者は気をつけるべし! とのこと。 それってわてのことやがなーーー。 (ノД`)・゜・。 どうも、コロナに感染すると血糖値が上がるらし…

世の中、こんなおいしいもん、ない!

ここのところ、家で調理をすることが増えていますし、外で買うのもテイクアウトで持って帰って食べていますよね。 そんな中、 これは、うまい! と思ったものを挙げていきます。 まずは、ローソンの 大麦の抹茶ホイップパン ワタクシは糖尿病患者だから、糖…

ど貧乳あるある

今日、服を着て気づいた ど貧乳あるある 1.胸より腹が出ている 2.にもかかわらず、服のすそを前だけインするファッションに性懲りもなく挑戦する どうしてこの体型に生まれ、 この性格になったのか、自分ではわからない。 ( ̄▽ ̄) 仔羊おばさん

父親がリアルに夢に出てきた

昨夜は二回、別の夢を見た。 一つ目の夢には亡くなった父親がリアルに出てきた。 2013年に父が亡くなってから、父の夢を見るのは初めてのことだ。 父はなんか、とあるところにいた。グレーのバックを背景に、そこに父がいたのだが、私は話しかけずに去ろうと…

ど貧乳、へばる

ど貧乳のガリ痩せ。 すなわち、ワタクシはエネルギー不足なのだ。 よって、ちょっとなんかあると へばる。 今、あまりに仕事が降ってくるのでへばっています。 誰か助けてくれーー 仔羊おばさん

藤の花が咲いた

このブログはど貧乳に生まれついてしまった、ワタクシこと「ど貧乳仔羊」が綴る自虐ブログです。 PC版は、カワイイお寿司が流れていく画面になっていますが、スマホ版は藤の花の写真にしています。 その写真は、自分で撮影したものです。 実家の庭に咲いてい…

ドラ息子を邪魔に感じつつ、今はキッチンに立つど貧乳

このブログは、「ど貧乳」に生まれ育ってしまったワタクシこと「ど貧乳仔羊」が綴る自虐ブログです。 「おうち時間」を書くために、ドラ息子のことを書かねばなりますまい。 「仔羊」を名乗ってますが、猫好きです。 ワタクシには子供が2人いますが、そのう…

毎日、極寒!

換気が大事。 で、窓やドアをあけ放ち、毎日勤務を続けています。 正直、気温が上がっても、相当な寒さです。 今日も真冬仕様の服装で出勤します。 メガネは、白内障の手術後、度数が合ってないのでかなりしんどいです。 たぶん21日か22日にこっちに届くと思…

別にオンラインショップでもいいけど、お店で買いたいメガネ(^0_0^)

本日は予定通り、眼科に行きまして、眼鏡の処方箋を書いていただきました。 緊急事態宣言からの、眼鏡屋総クローズのなか、 開いてるお店を見つけまして 電車に乗って行くようなとこだったので、なんつーか矛盾も感じながら…。 だって、本当なら徒歩圏に眼鏡…

ど貧乳、緊急事態宣言のあおりを食らう

あー、まさかの、まさかの! 緊急事態宣言宣言からの、各ショッピングモールの休業。 そして、3月下旬に白内障の手術を受けたワタクシ。 関係あると思わんかった…。 _| ̄|○ いや、ほのかに予感はしてたんです。 でも、ワタクシの目測の間違いは 緊急事態宣…

ど貧乳疲労困憊

仕事への影響が甚大です。 あっさり テレワークですよ、 在宅勤務ですよ。 と言ってくれればいいのですが、うちはありがたいことに? 通常勤務の通常出社です。 大阪にあるんですが、本部は他県でして。 通勤の地下鉄は、人は減ってますが激減してません。 …

くれる言うてはるんやから、何も言わんともろとき

翻訳します。 「くれる」とおっしゃっているのだから、何もいわずにもらっておきなさい。 ( ̄▽ ̄) ハハ ワタクシは、国民が政府や政治家を監視するのは大事なことだと思っています。 「愚策」と感じれば、「愚策」と批判すればいいと思ってます。 それは、大…

コロナ禍とど貧乳

あの人もかかった、 この人もかかった。 あれも中止、これも中止。 学校どうなるかわからん。 ワタクシの仕事も、とりあえず予定通り始めたい…。 なんで始めたいのかと言うと、結局「夏休み返上」とか、「秋休みなし」とかになりそうなので、 そんなん勘弁し…

ど貧乳に生まれてしまったら

このブログは、ど貧乳の50代ばばあが自虐ネタで綴るブログです。 全てのど貧乳に悩む女子に勇気と救いを与えるべく 広い意味ではすべてのコンプレックスに悩む人々に そんなこと気にせんでええ! と叫びたくて書いているブログです。 さて、仕事の思い出なの…

そんなに着たいか⁉

答え。 そんなに着たい! ( ̄▽ ̄) 昨日は白内障の手術で、「前開きの服」と指定があって着られなかったこのセーター! 今日は着ています。 写真に映り込んでいるテーブルの脚は見ないで 似合ってるかとかそんなんどーでもいーんです。 とにかく買ったセータ…

白内障手術の日の服

今日、仔羊は白内障の日帰り手術に出かけます。 この服を選んだのは、 単に、今冬買ったセーターを着たかったから そして、 一番気に入っていて、生地が厚く、サイズ的に楽なワンピースだから ということに尽きます。 でも、手術の説明を読むと 「前開き」で…

ど貧乳と英語

体型がど貧乳であることと、英語は一見、関係がないように聞こえるが、実は深いところで関係している。 ( ̄д ̄) ちわ!ど貧乳仔羊です! このブログはど貧乳としての人生を生きてきた50代後半のおばばが、 後に続くど貧乳女子に勇気を与え、 そんなもんどう…

無観客大相撲を見て気がついてしまった(ノД`)・゜・。

ワタクシは、大相撲に関してはごく平均的な日本人程度 の、ファンです。 それなりに好き 程度です。 そもそも、6時までに終わる大相撲をリアルタイムで見るのは日曜とか土曜であって、 仕事のある日はyahooニュースで結果を知るとか、ニュース番組を見て結果…

ど貧乳の胸を触ろうとがんばる痴漢もいるという話

世の中に 痴漢 という生き物がいる。 はた迷惑極まりない存在で、ワタクシの知り合いの中には(もちろん女子)、 「捕まったやつは、即、ちょん切ってしまったらいいのに!」 (; ・`д・´) 「何を?」なんて、無粋なことをお言いでない! という過激派もいるくら…