ワンダフォー‼ ど貧乳生活

ど貧乳女子に送る、50代ばばのメッセージ

かなり前に買ったもの

かなり前に買ったもののレビューとお店の紹介。

チェーン店です。

店名はune nana cool

ワコール系のお店

f:id:from55life:20200530061502j:plain

買ったものはこれ

f:id:from55life:20190117001815j:plain

まずは、ワタクシの知る限り、他店より安い価格帯で売られているパンツ。

買って1年以上になりますが、さして色落ちもなく、履き心地も未だよし!

さすがのワコール!

( ̄▽ ̄)

f:id:from55life:20190116002238j:plain

ガードルパンツ。

こちらは特価のワゴンセール品でした。

もちろんこちらもまだまだしっかり引き締めてくれます。

ど貧乳なのに、下腹はしっかり出てるので💦

ちょっときつさを感じるこのごろ…

インシュリン注射打つようになって、

ますます下腹の脂肪がついた気がする…

(ノД`)・゜・。

仔羊おばさん

今日の服

春が来ましたね。

汗ばむ陽気の日もあるくらい

f:id:from55life:20200529055058j:plain

こんなガーリーな装い、

もう60に近づいているおばばが着ても

イタイ

(>_<)

だけです!

f:id:from55life:20200529055253j:plain

ジャケでごまかすど貧乳

ジャケはど貧乳のつよーーーーーい味方!

今朝は寝不足で動悸する!

アブネー!!!

仔羊おばさん

「無風」という言葉

ワタクシはど貧乳に生まれついてしまい、それをこのブログで自虐ネタとして書いています。

ど痩せの糖尿病患者でもあります。

 

さて、コロナウィルス性肺炎に感染すると重篤化する病気の筆頭に糖尿病は挙げられていますね。

コロナ感染の初期症状の一つに

だるさ

が挙げられていますが、まさに高血糖の症状が「だるさ」です。

ワタクシほどの病歴になりますと(糖尿病歴役18年しかもコントロールはよくなくてインシュリン注射してます)、血糖値を見る限り「きっとこの人はだるさを感じているはずだ」と思うような数値です。でも、ずっとそんな血糖値で、下がっても常人の「血糖値高いですね」くらいなので、察するにワタクシはもはや10年くらい

だるくない状態を経験していない

ようなのです。

( ̄▽ ̄)

ハハ コロナの初期症状ワカラン

 

コロナウィルスに感染すると、血糖値が上昇するので、常人の方は、そこで「だるさを感じる」ようです。

 

ところで、この「糖尿病でど貧乳の仔羊おばさん」の職場は、休業もせず、在宅ワークもたったの1日やっただけ、あとは通常出社の通常勤務、でした。

 

同僚の非常勤講師の中に、介護のバイトをやっている方がいるのですが、

今回のコロナ禍にあっても「無風だった」と言っていました。

 

ワタクシもほぼ「無風」でした。

休日はできるだけ在宅してましたから、それなりに「おうち時間」を持ったりもしたのですが、出社して、上司の指示に翻弄されながら仕事してた(仕事は「嵐」)ので…。

 

今はようやく緊急事態宣言も解除になり、仕事が通常に戻っています。

本当の意味での「無風」となりました。

 

でも、まだ梅田やなんばのような繁華街に行く気にはならないし、

外食もまだちょっと怖いかな。

先日は夫とドラ息子とワタクシでコーヒーを飲みに行きましたが、外の席でした。

その程度。

f:id:from55life:20200517104151j:plain

なにせ重篤化しやすい糖尿病ですから、今後も要注意です。

 

ちなみに夫は喫煙歴が長く、

高血圧かつ脳梗塞キャリア、「コロナに感染したら重篤化して間違いなく自分は死ぬ」と申しております。

( ̄▽ ̄)

笑ってられんけど、笑うしかないカンジ。

 

仔羊おばさん

 

ど貧乳がドラ息子のことで落ち込んで、結局あるべき姿に気づいた件

このブログはど貧乳であるワタクシこと「仔羊おばさん」が、ど貧乳の生活の悲喜こもごもを綴っているのですが、

ど貧乳もまた一人の人間

なワケで、生きてるだけで「棒に当たりまくり」です。

(「犬も歩けば棒に当たる」=「ど貧乳も生きていれば棒に当たる」)

 

「棒」はラッキーであったり、アンラッキーであったりいろいろです。

 

ワタクシのドラ息子は、普通ならゼッタイニ首にならないであろうバイトを最近首になり

(ノД`)・゜・。

 

さすがに落ち込んでいますが。

 

f:id:from55life:20200312063942j:plain

最終的に思ったのは、

 

もう大人なんだからほっとく

 

という、あるべき姿です。

 

のたれ死ぬ

ことは覚悟すればよいことで。

 

自分は自分でいい人生を歩めばよいことで。

 

最近の血糖コントロールを阻んでいるものは、

際限なくストレスをもたらしてくる仕事と、

このドラ息子であることは間違いない!

(; ・`д・´)

来年は追い出すことだ。

もう、疲れた…。

f:id:from55life:20200508053231j:plain

仔羊おばさん

食べても腹減る

どうしてなのか?

食べても腹が減る。

この飢餓感をどうしよう?

 

ワタクシは糖尿病なので、カロリーは制限して、運動はして、血糖値をコントロールしないといけない。

いけないんだけど、糖尿病になると、糖が血管にあふれるせいで脳が「食べた」と認知せず、もっと食べたくなる。そういう悪循環で、食べても空腹感がするのだ。

恐ろしい。

f:id:from55life:20181230192937j:plain

今日もそんなカンジ。

 

でもこれを我慢してると血糖値が下がる。

 

頑張るしかないんだけど

耐えるしかないんだけど。

 

因果な病気だわー。

 

仔羊おばさん

 

アザミ嬢のララバイーお気に入りの一着ー

なんか、好きな服がお題になってたけど、もう過ぎちゃったのね。

😢

 

でも、そんなことは横に置いといて。

マイペースで行きましょう!

 

ワタクシには、超がつくお気に入りの一着があります。

それはこれ

f:id:from55life:20200523124403j:plain

柄はアザミの柄でして。

f:id:from55life:20200523124441j:plain

中島みゆきの歌に「アザミ嬢のララバイ」というのがある。

懐かしい、かなり昔の歌。

 

アザミ嬢のララバイ

アザミ嬢のララバイ

  • provided courtesy of iTunes

 今見たらかなりいろんな人がカバーしてるけど、全然知らんかった。

(@_@。

 

生地が結構ごつくて、洗濯機で安心して洗えるし、あまりしわにもならない。

たまにはこういういいのに出会う。

通販で買った。

でも、同じ通販でも、その後これほどいいのにまだ当たってないので、

やはりこれは

大当たり

だったんだと思う。

 

もともと

アザミ

という花は結構好きな花だった。

f:id:from55life:20200523125000j:plain

小学校の頃から。

 

なんつーか、小学校の頃から、自分は

ばらでもなく

チューリップでもなく

すみれでもなく

すずらんでもなく。

(>_<)

 

葉鶏頭(はげいとう)とか、

アザミとか、

葉ボタンとか。

 

なんか、そういう花のような気がしていた。

 

ウーム。

たかが「好きな花」なのだが、

深い。

( ̄ー ̄)

 

仔羊おばさん

 

 

楽しく過ごそう

このブログは、なぜだかど貧乳に生まれついてしまい、

ど貧乳としてかなり生きてきてしまった、

ワタクシこと「仔羊おばさん」がつづる自虐ブログです。

 

さて、コロナ禍に翻弄され、とても笑顔になれないような毎日をワタクシもまた過ごしているわけです。

職場では、それなりにこれまた自虐ネタで同僚と笑い合っているわけですが、

(こんな緊急事態宣言の時に通常出社してるしー。事務室「密」やしー。みたいな)

一人でエレベーターに乗ったりすると「げんなり」。

 

朝、出勤の道を歩いていると

息苦しい。

気がする。マスクをして歩いたらそれだけで。

かつ、なんとなく出勤するのが憂鬱。

 

ワタクシは糖尿病のど貧乳、ど痩せですから体力もない。

 

そんな笑えない昨今なのですが、やはり極力楽しく過ごしたいものです。

 

ワタクシの楽しみは:

テレビ

You Tube

散歩

ですな。

f:id:from55life:20200522052842p:plain

散歩は一人で。

休みの日などは1時間くらい、人気(ひとけ)のない住宅街の中を歩いていました。

結構、それも退屈だった。

出勤の道も、気分が滅入る日が多かった。

 

でも、楽しく過ごそう。

 

これからは、ちょっとずつ、もとの生活に戻っていくことができる。

 

まだライブも

プロ野球Jリーグも始まってないけど。

 

一生懸命、自分の気持ちを明るく持っていきたいと思う。

 

今日はちょっと、真面目…。

 

仔羊おばさん