ワンダフォー‼ ど貧乳生活

ど貧乳女子に送る、50代ばばのメッセージ

ど貧乳に生まれてしまったら

このブログは、ど貧乳の50代ばばあが自虐ネタで綴るブログです。

全てのど貧乳に悩む女子に勇気と救いを与えるべく

広い意味ではすべてのコンプレックスに悩む人々に

そんなこと気にせんでええ!

と叫びたくて書いているブログです。

 

さて、仕事の思い出なのですが、

ど貧乳(ほんまに真っ平です)に生まれてしまっただけでなく、

顔も十人並みかそれ以下に生まれてしまっているので、

おのずと実力で頑張らないと人並みには扱ってもらえないのです。

いや、人によっては実力で頑張っても人並みには扱ってくれません。

 

こと女、女子、女性ーー呼び方は何でも良いのですが、

この世のドアの全ては美女やカワイイ女性に開いていますが

 

f:id:from55life:20200329002653j:plain

そうでない女性には開いていないのです…。

残念ながら…

そう、感じる時があります。

 

で、ど貧乳のメリットの一つになるのでしょうが、

やはり体型コンプレックスは頑張る原動力にはなる

ということです。

 

仕事の思い出ってーと、最初に就職した職場で、先輩女子社員が

もんのすごいセクハラ

に遭ってたことですかね。

f:id:from55life:20200329003931j:plain

実は当時「セクハラ」と言う言葉はなく、そういう概念もありませんでした。

セクハラをするのは上司ではなく、同僚にとんでもなく常識のない奴がいまして、その人が胸やお尻をあからさまに触っていました。

セクハラをしていた人は芦屋育ちのぼんぼん(おぼっちゃまという意味)。

触られていたのはワタクシの一個上の先輩。

上司から度々注意されてましたが止むことはなく

先輩はめっちゃ嫌がっていて、逃げていて、しょっちゅう「やめてほしい」と訴えていましたが、それでも止むことはなかった。

そして、その他の女子社員もたまに被害には遭うのですが、その先輩だけが特に標的になっていました。

エレベーターに一緒に乗ったら、その先輩は必ず触られ、朝会ったら挨拶代わりに胸でもお尻でもはっきり触られてました。

もうほとんど毎日。

 

…ワタクシことど貧乳は被害に遭うことはありませんでした…。

 

なんていうか、ガリ痩せのど貧乳ですから、「触りたい」っておもわんかったんでしょう…。

 

f:id:from55life:20200116062738j:plain

それはそれで情けないけど

助かったは助かったと言えます。

 

これを「メリット」と言うのは違ってるんでしょうけど、

ど貧乳のメリットの一つは

セクハラに遭わない

と言えるかもしれない。

 

でも、当時の先輩の苦しみははたで見てて大変なものでした。

その頃女子社員は結婚したら辞めるとか普通だったけど、それって、こういう職場環境にも原因があったと思う。

そういや、その先輩とは一緒に東京に旅行に行ったり、仲よくしてもらったなあ。

その後、同じ職場の方と付き合われて結婚されたと思うんだけど。

 

今頃どうされてるかな。

 

今こうして「セクハラ」が厳しく指摘される世の中になる前は、そんな深刻なケースもあったこと、今からじゃ想像もつかない。

(当時でもそんなやつがいるとは想像もつかんかったけど)

 

ど貧乳的には仕事の思い出は、なんか、そういう悲惨な思い出。

( ̄д ̄)

やっぱり、そんな男はちょん切るしかないでしょ!

 

仔羊おばさん

転職nendo×はてなブログ 特別お題キャンペーン #しごとの思い出

転職nendo×はてなブログ 特別お題キャンペーン #しごとの思い出
by 株式会社Jizai「転職nendo」