ワンダフォー‼ ど貧乳生活

ど貧乳女子に送る、50代ばばのメッセージ

ど貧乳の私が父から受け継いでいるもの

今週のお題「おとうさん」

 

ワタクシことど貧乳仔羊は、父親との関係がかなり悪かった。

10代の頃は本当に反抗していた。

何かと逆らっていたし、10代の後半からは家族との食卓を避けたりとか、できるだけ接しないようにしたりした。

しかし家族の中で、私は父に似たか、母に似たか?

となると

断然

父に似た

のです。だからこそのぶつかり。

父に似て、わがままで頑固!

すんません!

f:id:from55life:20190513063001j:plain

おまけに引き継いでしまったのが、

糖尿病

そう。ワタクシの糖尿病は父からの遺伝。

父も中年になったくらいから糖尿病にかかっていた。

インシュリン注射もしていた。

(ノД`)・゜・。いっしょやん

 

ワタクシはたばこも酒もしないので、父より発症年齢は遅かったけど、ばっちりおんなじ糖尿病に…

 

父は昭和7年生まれ。

生前は「子供の頃は戦争で一番食べたい時に食べ物がなかった。大人になって『やっと食べれるようになった』と思ったら糖尿で食べたらあかんと言われるようになった」と、嘆いていた。

 

父は、6年前に他界した。

今私は父の歩んだ人生の過酷さがわかる年齢になった。

絢香の「三日月」を聞くと、私は父を思い出す。 

三日月

三日月

  • provided courtesy of iTunes

 不思議なもんで、あんなに嫌いだった父だが、精神的には今も私を支え続けてくれている。

 

死んでしまったら、ご機嫌の父の笑顔しか思い出さない。

私は、父に似て空気を読まないし、好きなように生きるところがある。

だからこそ、こんなブログも書いてるんだと思う。

 

化粧もしないしブラもつけない!

 

おーワンダフォー!ど貧乳ライフ!

と叫んでいるのである。

はは!

( ̄▽ ̄)

 

仔羊おばさん