ワンダフォー‼ ど貧乳生活

ど貧乳女子に送る、50代ばばのメッセージ

いや真面目な話

 今日、私は大阪の最大の繁華街、キタこと梅田に出る機会があった。

 そこで、大変な人ごみの中、エスカレーターに乗った。エスカレーターも大変な人ごみだった。

 ハッ

(; ・`д・´)

 目の前にとてもとても痩せた尻が見えた。

 私の前に乗ってた方は、まあまあ高齢のような、いやまだ若いような方だった。60代に見えた。

 ジーンズをはいておられた。

 そのジーンズは、たぶんごく普通の、そのくらいの年齢の男性だったら、ごく普通に選ぶサイズの、そうたぶん男性用Mサイズか、大きめのSサイズくらいだったと思う。でも、そのジーンズがぶかぶかで、お尻のとこの肉がげっそりとなくて、腕を見ると私と同じか、もしかしたら私よりちょっとましくらいに痩せていた。

 (T_T)

 この半年で自分自身が激やせしなかったら、目の前の痩せた方に目がいっただろうか?

 人ごみの中で、とっても痩せた誰かに気づいただろうか?

 そう思うと、なんとも言えない、

 悲しいような…

 親近感を感じるような…

 

 そういえば私の父も晩年、はくズボンはいつもぶかぶかだった。私の父はそんなに痩せたわけではなく、ただ、60ー70代の頃にはいていたものをはき続けていたのだが、体が全体にしぼんだ感じで、結果、はくものがぶかぶかになっていた。

 特に、お尻まわりの肉の削げ落ち方は顕著だった。

 

 実は、私も今年の6月ごろまでにかけて、お尻に同じ現象がおきていて、年末に買ったばかりのジーンズなのに、買ったときにはお尻がしっかりあったのに、5月くらいからはお尻まわりがぶかぶかになっていた。今も、お尻はおなじような状態。

 悲しいし、怖いし。

 

 痩せると、本当に不安になる。

 このまま痩せ続けたら、私は死んでしまうんじゃないか。

 生きてたとしても、起き上がれなくなったり、動けなくなったりするんじゃないか。

 

 梅田の人ごみに消えていく、おじいさんの後姿を見ながら、考えた。

 こんなふうに痩せている人の存在に気づくことができたのは、悪いことじゃない。

 気づけてよかった。一瞬、とっても悲しい気持ちにもなったけど、

「この人、どうしてこんなに痩せてしまったのかな?」って思ったけど、

 自分がびっくりするくらいに痩せてはじめて、そういう人の存在に気づけた。

 

 真面目な話、そういう意味では、痩せたことにも意味はあったのかもしれない。

 

 この方は、痩せてもチョー素敵。 

f:id:from55life:20180716193834j:plain

 今日。お見かけした方はすこーし、似てたかな?

 

 今日は、ちょっとしみじみした気持ちになりました。

 仔羊おばさん