ワンダフォー‼ ど貧乳生活

ど貧乳女子に送る、アラ還ばばのメッセージ

「サッカー」「フットボール」という競技を愛す

ワタクシことど貧乳「仔羊」が、なぜサッカーが好きになったか?

ど貧乳とカンケーはあるか?

と、考えると、関係はきっと、ない。

(*ノωノ)

 

でも、なぜかワタクシはサッカーという競技が大好きだ。

大阪に住んでいるので、

セレッソ大阪ガンバ大阪の試合はよく見に行く。

 

女子サッカーも好きなので、近場の

INAC神戸

の試合はそこそこ行っていた。

 

今回のコロナ禍で、どっちも試合はずーっとなかったんだけど、

正直、スタンドの客の入りでいえば、

女子サッカーの試合は、中断せずともソーシャルディスタンスは難なく守れる、ほど

少ない!

(少なかった)

 

選手の皆さんのことがあるので、試合をしなかったのだと、ワタクシは解釈している。

客の数は、まったく中断せずともよいくらいの数だったから。

 

客の入りの少ない女子サッカーこそ、本当にこの競技を愛する者が集結する。

雰囲気もとても好きだ。

 

客の入りの少ない女子のサッカーの試合こそ、

便利な場所でやってほしい。しかし現実はそうではない。

それが一ファンとしてなかなか悲しい。

 

女子サッカーもプロ化することが決まった。

これから一生懸命通うことにしたい。

 

ところでサッカー好きが高じて、今年はセレッソの年間パスポートを購入して身構えていた。

なのに、コロナで試合がすっとんで、本当に悲しい。

とともに、ケチな大阪人としては

早く元を取りもどしたい!

(; ・`д・´)

 

特にセレッソのファンというのでもないが、足しげく通っているうちに

セレッソのサッカーチームの歌も

セレッソが勝った時に歌う歌も

歌えるようになってしまった

「門前の小僧」としては、早く投下したカネを取り戻したい。

 

実際、試合前に緑の芝生を眺めているだけでほっとするし

帰りもだらだら歩くことで、糖尿病の運動療法にもなっていた。

観戦はそれなりに疲れるのだけど、それは生活のアクセントにもなっていた。

f:id:from55life:20200517094325j:plain

待ってる。

サッカー観戦に赴ける日。

 

仔羊おばさん