ワンダフォー‼ ど貧乳生活

ど貧乳女子に送る、アラ還ばばのメッセージ

「傘がない」というより「傘はない」

ど貧乳として生きた10代や20代を振り返るに

傘がない

というよりは

傘はなかった

というのが正直なところだ。

「傘がない」は井上陽水の名曲。

雨が降っているのに「傘がない」状況を歌ったもの。

私は井上陽水は昔から好きで、「氷の世界」というアルバムは「LP」の時代に買った覚えがある。

中学生だったか。

でも

「傘がない」って曲はあまり好きではなかったし、今でもあまり好きではないかな。

ただ、とっても覚えやすい一曲。

 

それにひっかけて、「傘はない」ってのが今日のブログのたいとるなのだけど、

ど貧乳

という現実に向き合った時に、ワタクシを守ってくれる「傘」はなかった。

10代の時かな。

母も何も言わなかったな。

私も、母にその悩みは言えなかった。

友人ともその悩みはシェアできなかった。

シェアできるほど、ワタクシのど貧乳は軽くはなかったからだ。

 

近眼も、友人とシェアできるくらいの近眼なら、お互い冗談めかして話すくらいのことはできたんだろうと思う。

これって「貧しさ」もそうなんじゃないかな。

f:id:from55life:20200506110952j:plain

人とシェアできるくらいなら、いいのよ。

 

ワタクシのど貧乳は、そのレベルではなかった、ということなのよね💛

 

でも、ど貧乳の人生を生きてきて、40代くらいでなんとか自分でも受け入れられて、

50代になったら

ええやん

むしろこれでヨカッタ

( ̄▽ ̄)

って思った。

 

傘はなかった

けど、

傘はなくても生きてはこられたので…

 

50代ではむしろハッピーライフが待ってた

 

ってカンジよ!

(^O^)/

 

ど貧乳さんは、だから期待してね!

 

仔羊おばさん