ワンダフォー‼ ど貧乳生活

ど貧乳女子に送る、50代ばばのメッセージ

不安との付き合い

10代の頃、ど貧乳を気にしていたのはなぜか?

そして、今、「そんなこと気にすることない!」って言えるようになったのはなぜか?

 

10代の頃は、本当に先が見えなかった。

自分がこれからどうなるのかも、結婚できるのかとか、その前に彼氏できるのかとか。

仕事に恵まれるのか?

どんな人生が、未来が待っているのか?

 

50代の今の私は、

ど貧乳でも

結婚もできたし

その前に付き合った男の人もいた。

ただし、二人くらいだったことは正直に告白しておく。このど貧乳で二人なら、決して悪くはない!と自負している。

ははー!

(*^▽^*)

 

子供にも恵まれた。

子供を出産した病院で、看護婦さんに「こんな胸の人はかえって母乳がよく出るんですよ」って慰められた(?)けど、実際に母乳はそんなに出なかったなあ。

でも、ちょっとでも出たんですよ!

 

不安と付き合いながら、ぼちぼちラッキーがやってくるのを待つ!

そうしていると、たまーにいいこともあるはあるんですよ。

 

人生、思うようにいかないことは結構いっぱいあって、

そりゃ、ど貧乳でしかも美人でもかわいくもない容姿の私ですからね、ええ。

思い通りにいかないこと、多いんだわさ。

でもたまに、楽しいことにも巡り合えるし、幸せもあるんです。

まず、男がそうそう寄ってこない。

ってことは、自動的にすけべや悪い男も寄ってこないのです!

 

あと、「お金持ってそうに見えない」。

実はカバンの中にそこそこなお金が入っている日もあるんですが、ウィンドウに映る自分の姿を見ても、貧乏そうにしか見えませんからね。

f:id:from55life:20181009210828j:plain

へへ。

大笑いです!

犬も笑ってる。

( ̄▽ ̄)

やっぱど貧乳ライフはワンダフォーでございます!

仔羊おばさん