ワンダフォー‼ ど貧乳生活

ど貧乳女子に送る、50代ばばのメッセージ

泣きました…

泣きました…よ!

(T_T)

 ボヘミアン・ラプソディー

ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)

ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)

 

 

ワタクシは、デビューからリアルタイムでクィーンを聞いていた世代でございます。

 

仲の良かった友達がマジ、クィーンのファンでして、当時大阪の心斎橋の大型レコード店とか、輸入盤を扱ってる店とか結構連れてってもらいました。

 

映画では、俳優さんが4人のメンバーを演じているのですが、いやーまーそっくりですし。

華やかなヒットの裏側では、こんな現実があったんだって思いました。

 

それにしても、曲のすばらしさが圧倒してくれます。

彼らの音楽ってなんというか、「気品」があるんですよね。

映画を見て、「あーだからか!」という発見もありました。

映画のタイトルにもなっている「ボヘミアン・ラプソディー」ですが、ワタクシなぞは本家本元の「オペラ」を知る前にこの曲を聞いたので、曲が発表された当時は

エライ(大阪弁で「すごい」)

変わった曲やなー

って思ってたんですよね。

 

でも、歌詞の意味を聞いて、

う・わー

( ゚Д゚)くちアングリ でした!

だって、ねえ!

それまでいろんな曲を聞いてきてて、誰が、

「たった今人を殺してしまった」なんて心境、歌います!?

今に至るもさすが、ポップスの世界でなかなかないですよ。

 

「ゲイ」のうわさはかなり早くからあって、

フレディー・マーキュリーが亡くなった時「エイズ」と聞いて「ええっ」という驚きよりは

「あーやっぱり」

「いかにも彼らしい」

「でも早すぎるし、悲しい死」でした。

LGBTは、徐々に市民権を得られるようになってきているけど、それでもまだフレディーのような屈強そうな男が公表できるかというと、スターならではの別の要因も絡んできそうだから、難しい。

 

けど、

本当の姿で生きる

のは、ど貧乳の私のテーマでもあるから!

(; ・`д・´)

 

この映画、お勧めします!

 

仔羊おばさん