ワンダフォー‼ ど貧乳生活

ど貧乳女子に送る、50代ばばのメッセージ

修学旅行とど貧乳

今週のお題「修学旅行の思い出」

 私のど貧乳は今始まったことではなく、10代のころからそうだったので、では、

修学旅行でさぞや恥ずかしい思いをしたのでは?風呂タイムは苦痛だったのでは?

 

 

 ミニ・ど貧乳史

  小学校時代

 「ど貧乳」と聞けばもちろん想像できるでしょう。そう、私の成長は遅かったです。でも、小学校時代は(当時は?)成長が遅くて、「子供子供」しているほうがのびのび過ごしていて、体に変化がある子のほうが恥ずかしがってる感じでしたから、私の小学校時代は黄金期でした。

 いつもはつらつ、活発に動いて遊び回って笑って、いきいきしていました。

 胸はいつまでもぺったんこでしたが、外で動き回って遊ぶにはあんなもん要りませんでしたので、まああまり何とも思っていませんでした。

 小学校の修学旅行の行先は伊勢・志摩でした。

 一張羅(いっちょうら)を買ってもらって、それを着て行きました。

 風呂も、私たちの世代(昭和30年代生まれ)は大抵の子供が「風呂屋通い」の体験がありましたし、誰も恥ずかしがることもありませんでした。私のようなど貧乳も、何を気にするでもなく、普通に過ごしました。

 思い出は、夜っぴて起きて、小学校時代の親友と語り明かしたことですかね。

 寄せては返す波を見て、その音を聞いて、その夜の中に吸い込まれそうな気持になりました。

 夕陽が沈む夫婦岩

f:id:from55life:20180608215930j:plain

  中学校時代

 小学校では気にすることもなかった貧乳ですが、中学になり、大抵の子供がそれを脱却していくと、私も気にするようになります。

 もうあのころから、「人と同じじゃなきゃいけない」という呪縛にとらわれていたということですね。今思えば、ですが。

 部活はバレーボール部に入っていました。

 着替える度に気になりました、自分のど貧乳ぶりが。

 いつまでたっても出てこない胸。恥ずかしくなって、猫背になりました。

 修学旅行は、広島から中国地方キリスト教関連の観光地をめぐる、というものでした。とにかく、しんどかった。生理が始まって間もなくだったし、不安定な時期だったのかな。

 しんどくて、行き帰りのフェリーの中では別室でずっと休ませてもらってたな。帰りは学校まで母に迎えに来てもらった。でも、反抗期で、母と一緒に歩こうとしなかった。

 大人になって母から聞いたところでは、私があまりに親に対して冷たいので「あーこの子とは縁ないねんなあ」と思っていたとか。

 でも、今もしょっちゅう会ってるから、別に縁がないってことはなかった。

 あ、そうそう、修学旅行の風呂タイム。

 もう貧乳を気にしてる時期だったから、風呂タイムは問題になるかと思いきや…

なーんの恥ずかしい思い出もない。かなり気にしてたのに。

 それはなぜか?

f:id:from55life:20180608220115j:plain

 

 

 ど貧乳というだけでなく

  

 近眼が発覚したのは小学校入学前の検診。

 それでも2年生までは眼鏡をかけなかった。2年生になって、見えていないから、どうしようもなくなって眼鏡をかけるようになりました。40人クラスで一人しかいなかったから恥ずかしかったなー。その頃はまだ、0.6とか0.4とかあったと思う。

 小学校高学年になると0.1とかに落ちてましたね。

 テレビの見すぎはあかんよ、とか言われたけど、私の近眼は生まれつきのものだと思います。

 後に、自分の子供も4-5歳で近眼だとわかって、「あー遺伝なんや」と思うと、とっても心が痛かったです…。

 完全に眼鏡かけっぱなしの生活になったのは、小学校4年生ぐらいからかな。

 

  中学校時代

 近視0.1-0.3の世界。

 これはもう、かなり見えていません。風呂に生えているカビも見えません。石鹸がどこかに飛んで行ったら、探すのに一苦労。( ̄ー ̄)

 もしかしたら、中学の修学旅行では、大抵の子が風呂に入るのに緊張してたかもしれない。だけど、0.1-0.3の世界で生きる私には、クラスメートの美しい?胸ポチも、あるんだかないんだかわかりませんでした。「見えない」ってすごいことですね。

 声がないと、どいつがどいつだかもよくわからない。

 眼鏡を外せば、世界はあくまで美しく(積もったほこりも見えない)、友人はぼうっと肌色が浮かんでいる程度(足元よく見えない)。

( *´艸`)

 なあも見えない私の目。

 友人がどんな美乳でも豊乳でもワカラナイ。

 ゆえに、びっくりするほど修学旅行に悲惨な記憶がない!!!

f:id:from55life:20180608220520j:plain

 

 天は二物(にぶつ)を与えたもう

 ど貧乳にど近眼

 天は我に見事に二物を与えたり!

f:id:from55life:20180608221808j:plain

 

仔羊おばさん