ワンダフォー‼ ど貧乳生活

ど貧乳女子に送る、50代ばばのメッセージ

桜は咲くーフィギュアスケート編ー

今週のお題「お花見」

 

f:id:from55life:20180318204912j:plain


よかった。本当にヨカッタ!!!!!

 何が良かったって、男女ともに「3枠」が取れて私は心から喜んでおります。

 そーです、私はフィギュアスケートファンなんです。それがど貧乳や花見とどう関係しているのか、よければちょっとお付き合いください。

 昨日、一昨日ともに、この3枠が取れるかどうか、別に選手の身内でもなく、別にスケート連盟関係者でもないのに、あーもーどーすんの、取れるんやろか、取れるんやろか、と気をもんでおりました。

 そもそも「3枠」とは、上位二人の順位の合計が「13」以内の国に世界選手権出場選手枠を特別に3人にしてくれる、というもので、日本はこれを取り、選手を3人出場させることで強化をはかっているので、本当に大事な枠なのです。

 ファンにとっても、一人でも多くの選手に出てもらいたい、との純粋な思いから、ほんまに大事な枠なのです。

 実際、今回の大会でも、男子はその3枠で出てた3人目の選手ー友野一希選手ーが5位に入ったことで、ぐっと3枠が近づきました。彼が会心の演技をして、第3グループが終わって暫定2位だった時に、「よし!これで8位は確定だ!宇野昌磨クンはなんとか5位以内に!」と、我々ファンは祈っておったのです。

 これが出場が2人しかいないと、このドラマは成り立たんかったんです。

 さて、女子も樋口新葉(わかば)選手が第3グループ終えて暫定1位だったときに、我々ファンは「よっしゃー!7位は確定や―!」とコーフンしとったわけです。

ともあれ、 枠3つ

ほんまに取れてよかった!

 さて、このブログは「まったいら」のど貧乳そして

ルックスミニマリスト を自称する私が、

いかにど貧乳が快適で素敵かを強調するっていう、極めて自虐的 なブログです。

 できたら、貧乳に悩む女子たちを勇気づけたい!

 

 ところで、なんで「お花見」にこじつけたかというと、今回のフィギュアスケートのテレビ放送も、シングル種目のみを強調する、という構成になってて、私はとっても不満だったんです。

 今回、アイスダンス村元哉中(かな)&クリスリー・リード組のテーマは「桜」

でした。音楽も坂本龍一さんの音楽で、まさににぴったりの音楽、もっとしっかり放送してほしかった!

 

 そして、フィギュアスケート選手は、体をぎりぎりまで絞っているため(?)どの選手を見てもそんなに豊乳は見当たりません。

 みなさん!

 ぐるぐるジャンプを回るのに、胸はいらんのんです!(^_^;)

 それがどれほど私のようなど貧乳になぐさめとなっているか!

 そういう意味でも美しく咲くフィギュアスケート選手たちは、私が胸を張れる一つの根拠となってくれてるのです!

 仔羊